◎ ゼミ希望のM1学生の方へ

 

ゼミ希望者(夜間主M1学生)と思われる方からのサイトへのアクセスが増えているようなので、当ゼミに関して少し説明しておきたいと思います。

 

本研究科では、手続き上ゼミが決まるのは3月、正式にゼミがスタートするのは4月になります。新学期の前期期間は4月上旬から7月下旬の4ヵ月、後期は9月末から翌年1月末の4ヵ月、都合8ヵ月です。ゼミが時間割に振られているのは週一コマ(1時間半)ですから、半期15回で延べ22時間半、通年で計算上45時間ですね。

 

修士課程といっても夜間主のゼミはわずか1年間、実質8ヵ月、のべ45時間(合宿など除く)です。テレビでお気に入りの2時間ドラマを半年間見続けるより短い時間です。ゼミ配属の手続きを昨年12月のゼミ紹介から3ヵ月もかけてやっているのは実に滑稽なのですが、それはここでは置いておきましょう。

 

多くの方が会社勤務を続けながら通っているパートタイムの大学院のゼミで出来ることは、冷静に考えれば限られます。最新のマネジメント理論に通暁し、新しい専門分野を開拓し、英語を使えるようになり、きちんとした修士論文を書き上げ、、、天才か、よっぽどの努力家ですね。

 

禅の言葉に莫妄想という言葉があります。「妄想する莫(な)かれ」の意味です。考えてもしかたないことは考えない、という教えです。あれもこれもと無理なことを無理とわからずやろうとすることは無謀であり、やってもやはり無理です。できることに集中して、全力を尽くすことです。

 

さて、前置きが長くなりました。私のゼミですが、マーケティングやマネジメントの概念をもとにしながら、広くものの見方、読み方、考え方、伝え方を身につける方法と習慣をつけてもらうことを目的と考えています。(実際にそうなるかどうかは、個々人次第ですが)

 

新しい情報を追いかけることより、必要な時にそれらをどう適切に入手し役に立てられるかという知恵、容易に目先の問題解決へ突き進むのではなく、本質的な問題と課題は何かを嗅ぎ分けることのできるセンス、10年先をイメージしながら自分の行動をコントロールできる発想力などがこれから求められる能力です。

 

ですから「これまでマーケティングは勉強してこなかったので、ゼミで集中的かつ体系的にマーケティングを教えてもらい専門家になりたいと希望してる」といった方々の望みには応えらえません。上記の45時間を使って知識としてのマーケティングを叩き込むのが目的ではないからです。

 

学生に求めるものとしては、マーケティングの実務経験は必ずしも必要ではありませんが、マーケティングへの正しい関心とセンスは必要です。センスの有無について自分では判断がつかない人は、私とお話しましょう。すぐに判断はつきます。(マーケティングのセンスがなくても、ビジネスマンとして問題はありません)

 

スタートする前からあなた方を失望させるつもりでこうしたお話をしているのではありません。ただ、出来ること、出来ないこと、やりたいことを<冷静に>考えて判断することが肝心だとお伝えしたかったのです。

 

ここまで読んだ方は、それなりに本当に興味がある方だと思います。質問があれば、気軽に連絡してください。

連絡先:waseda.ims@gmail.com